れいわクレジット管理の訴状が裁判所から届いた場合の消滅時効の援用

こんにちは。司法書士の森野です。

「裁判所かられいわクレジット管理の訴状が届いたけど、消滅時効の期間が過ぎているから放置しても大丈夫だろう」と思っていないでしょうか?

消滅時効というのは、時効期間が経過するだけでは成立せず、「援用」をする必要があります。

したがって、援用」をしないでいると、債権者は、すでに最後の返済から5年以上が経過している場合でも訴訟などを起こしてくることがあります。

そこで、今回は、れいわクレジット管理の訴状が裁判所から届いた場合の消滅時効の援用について説明していきます。

れいわクレジット管理の訴状が裁判所から届いた場合

れいわクレジット管理株式会社(旧社名:MUニコス・クレジット株式会社)は、三菱UFJニコスから会社分割により承継した債権の回収をしています。

そのため、三菱UFJニコスに長年返済をしていないと、ある日突然、裁判所かられいわクレジット管理の訴状が届くということがあります。

これらの書類は、特別送達という郵便で送られてきます。

特別送達では、ポストに投函されずに、郵便職員が直接手渡しで封筒を渡します。

また、債権者は、すでに最後の返済から5年以上が経過している場合でも訴訟などを起こしてくることがあります。

これは、消滅時効の期間が経過していても、消滅時効を援用する旨の主張をしないと消滅時効が成立しないからです。

それでは、れいわクレジット管理の訴状が裁判所から届いた場合は、どうしたらいいのでしょうか?

1.まずは、消滅時効の援用ができるか検討をする

れいわクレジット管理の訴状が裁判所から届いた場合は、まずは、消滅時効の援用ができるかどうかを検討しましょう。

れいわクレジット管理の訴状の「請求の原因」には、「期限の利益が喪失した日」が記載されています。

この「期限の利益が喪失した日」から5年以上経過している場合は、消滅時効を援用できる可能性があります。

このような場合は、答弁書にて「消滅時効を援用する」旨の主張をすれば、消滅時効が成立する可能性があります。

ただし、10年以内に裁判を起こされて判決が確定している場合は、消滅時効を援用できないので注意が必要です。

2.答弁書の提出期限に注意

裁判所から訴状が届いた場合、第1回口頭弁論期日が指定された書面が一緒に同封されています。

訴状などの内容を確認して消滅時効の援用が可能であれば、消滅時効を援用する旨の答弁書を第1回口頭弁論期日までに提出します。

また、第1回口頭弁論期日に出頭しなくても答弁書を提出していれば、答弁書を陳述したものとしてもらえます(擬制陳述)。

そして、時効の中断事由(法改正により時効の更新事由)がなければ債権者の請求は棄却されますし、訴えを取り下げてくる債権者もいます。

放置しても大丈夫か?

訴状が届いて放置していた場合、相手の主張が認められて強制執行が可能となってしまいます。

強制執行が可能となると、給料や銀行口座が差押さえられる危険が生じます。

したがって、第1回口頭弁論期日までに対応をする必要があります。

上記のように期限があるので、司法書士や弁護士に依頼する場合は、早めに相談することをおすすめします。

当事務所の解決事例

相談から解決までは、以下の通りです。

1.相談内容

茨城県のお客様より「れいわクレジット管理に訴訟を起こされた」とお問合せを受けました。

訴状が届いた場合は、第1回口頭弁論期日までに答弁書を提出する必要があるため、すぐに相談をさせていただきました。

今回は、元金11万円と年6%の遅延損害金を請求されていました。

2.解決

お客様に届いた「訴状」を見ると、「期限の利益の喪失日」からすでに5年以上が経過していました。

したがって、消滅時効の援用ができると判断し、「消滅時効を援用する」旨の答弁書を提出しました。

その後、相手方が訴訟を取り下げてきました。

このままでは、消滅時効の援用をした証拠が手元に残らないので、れいわクレジット管理に消滅時効を援用する旨の内容証明郵便を送りました。

内容証明郵便がれいわクレジット管理に到達してから消滅時効の成立確認をしたところ、消滅時効を認めるとの回答をいただき、無事に消滅時効が成立しました。

今回、元金11万円と年6%の遅延損害金を請求されていましたが、消滅時効を援用することにより、債務が0円となりました。

3.司法書士からのコメント

訴状が届いた場合は、第1回口頭弁論期日までに答弁書を提出する必要があります。

しかし、一般の方が答弁書を作成するのは、ハードルが高いでしょう。

また、書き方を間違えてしまうと、消滅時効を援用することができなくなる可能性もあります。

したがって、訴状が届いた場合は、司法書士や弁護士に依頼をするほうが安全に手続きを進めることができるでしょう。

消滅時効の援用ならお任せください

当事務所では、お客様の代理人として消滅時効の援用をサポートさせていただいております。

ご依頼いただきますと、債権者からの督促が止まり、債権者とのやりとりも任せることができます。

「長年、返済していない借金がある」「裁判所から書類が届いてどうしたらいいのかわからない」「消滅時効の援用ができるか判断できない」ということでお悩みでしたら、当事務所にお任せください。

※1社につき債務の元金(利息、遅延損害金を除く)が140万円を超える場合は、代理人となることができません。

無料相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話での無料相談はこちら

078-600-2279

営業時間:平日9:00〜20:00
     土日祝9:00~17:00

無料相談予約はこちら

お電話での無料相談はこちら

078-600-2279

無料相談予約フォームは、24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

LINEでの相談予約はこちら

友だち追加

LINEでの相談予約は、24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

森野 健樹

保有資格

  • 司法書士
  • 行政書士
  • 宅地建物取引士

「依頼者に寄り添うことが大切である」ということを信条に、依頼者のお悩みを解決できるようにサポートさせていただきます。